知っておきたい借入限度額を決定する要因を

カードローンは借入限度額の範囲内で好きなように借り入れ、返済ができるのが特徴です。この借入限度額が決まるのは契約時です。金利と一緒に条件が示され、それに同意すれば契約完了となります。では、この借入限度額はどのようにして決まるのでしょうか。

借入限度額は何で決まるのか

gendo

借入限度額を決めるのはズバリその人の信用力です。職業や年収、居住形態、家族構成などを評価し、そこに他社借入の状況なども考慮して適切な借入限度額が設定されます。この評価には過去の融資データの統計なども用いられており、これまでの実績から可能な融資額を弾き出しているのです。

  • 職業
  • 年収
  • 居住形態
  • 家族構成
  • 他社借入の状況

申し込むまえに借入限度額を知る方法

信用力の評価は人それぞれなので、申し込む人の状況によって借入限度額はさまざまに変化します。なので、前もって借入限度額を知ることはなかなか難しいのですが、申し込む前にその限度額をおおまかに知ることができる手段があります。

それはキャッシングのお借り入れ診断を利用することです。キャッシングには公式サイトにお借り入れ診断を用意しているところがあり、年収や他社借入、居住形態など簡単な項目を入力するだけで融資可能な金額を教えてくれるところがあります。いくつかの項目から機械的に判断された数字なので、実際の借入限度額とは少し異なりますが、いちおう判断のベースとなる金額には間違いなので借りられる金額の目安にはなるでしょう。

総量規制の制限に注意

このように借入限度額は本人の信用力に応じて決定されるのですが、別の側面から制限がかかる可能性があります。消費者金融や信販会社からは年収の3分の1までしかお金を借りられないという制限がありますが、これが借入限度額に影響するのです。この総量規制と呼ばれる制限は、実際に借りているお金の金額ではなく借入限度額で判断されます。他社で高い限度額を既に持っている場合、残りの枠でしか限度額を認めてもらえないことに注意しましょう。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンというのは、保証人や担保などが要らないという面やその手軽さから同じようなものと扱われることが多いようです。

tigai

実際企業同士のサービス競争によって、見分けがつきにくくなっている現状もあるのですが、大雑把に分けて「短期間で返済するもの」をキャッシング、長期間で返済する物をカードローンと名前をつけることが多いようでうす。

なのでこの2つは、契約の特徴で分けると言うよりも利用者の利用目的で分けるほうがわかりやすいかと思います。

キャッシング

キャッシングの場合は短期間での返済ですので、ローンと言うよりも緊急時の保険的な使われ方が多いようです。例えば病気や怪我などで急に現金が必要になったがお金がないという場合や、旅行先でお金が必要になったけれど銀行が閉まっていて現金を手に入れることができない、他によく挙げられるのが冠婚葬祭で急にお金が必要になった場合などです。

こういった「近いうちに確実にお金ははいる」けれど「今現金として欲しい」という際に使ったり、備えとして契約しておくことが多いので保険的な使われ方をします。

カードローン

一方でカードローンというのは、一昔前の「月賦払い」や「サラ金での借金」のような使われ方をすることが多いようです。趣味の品で欲しいものがあるけれどお金が足りないし、月賦払いも制度としてないという時によく使われるのですが、車などの場合でも頭金や支払いの関係でカーローンではなくこちらを選ぶということもあります。

また失業中に大金が必要になったなどの場合、短期での返済の見込みはありませんので、こちらを選ぶことになります。このようにこの二つは、契約の内容というよりも目的によって使い分けられることが多いようです。