キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンというのは、保証人や担保などが要らないという面やその手軽さから同じようなものと扱われることが多いようです。

tigai

実際企業同士のサービス競争によって、見分けがつきにくくなっている現状もあるのですが、大雑把に分けて「短期間で返済するもの」をキャッシング、長期間で返済する物をカードローンと名前をつけることが多いようでうす。

なのでこの2つは、契約の特徴で分けると言うよりも利用者の利用目的で分けるほうがわかりやすいかと思います。

キャッシング

キャッシングの場合は短期間での返済ですので、ローンと言うよりも緊急時の保険的な使われ方が多いようです。例えば病気や怪我などで急に現金が必要になったがお金がないという場合や、旅行先でお金が必要になったけれど銀行が閉まっていて現金を手に入れることができない、他によく挙げられるのが冠婚葬祭で急にお金が必要になった場合などです。

こういった「近いうちに確実にお金ははいる」けれど「今現金として欲しい」という際に使ったり、備えとして契約しておくことが多いので保険的な使われ方をします。

カードローン

一方でカードローンというのは、一昔前の「月賦払い」や「サラ金での借金」のような使われ方をすることが多いようです。趣味の品で欲しいものがあるけれどお金が足りないし、月賦払いも制度としてないという時によく使われるのですが、車などの場合でも頭金や支払いの関係でカーローンではなくこちらを選ぶということもあります。

また失業中に大金が必要になったなどの場合、短期での返済の見込みはありませんので、こちらを選ぶことになります。このようにこの二つは、契約の内容というよりも目的によって使い分けられることが多いようです。